記事6

天然の目当てを見逃さないように直進するナチュラル・ナビゲーションや「スクーバセクスタント(六分儀)」を事由に使う技術を含めて実習します。
沖縄に到着したなら是非とも訪れたい観光ポイントを廻り、日が落ちてからは華やかに船上ディナーを味わいませんか?満足できる観光をご提供します。
簡単な内容を課題に9年間いずれのコースも一度に4名で実施してきました。ボートダイビングならアリガー南やアリガーケーブルを絡めて5つからなるポイントを必ず訪問します
沖縄県名護市の山原(やんばる)の森でハイキングしましょう。持っていくのは丈夫なスニーカーとチャレンジ精神でしょう。嫌なことは忘れて遊んでみてはいかがかと思います。
沖縄の首里城は琉球成立以降の国の心臓部で勢いのあった王朝のシンボルでもあります。現在までに4回も焼け落ちており、今の建物は戦後しばらく経ってから以前の建物を再現したものです。
人気のある恩納村でのダイビングの実情を、お店のスタッフが撮影した映像でご紹介させていただきます。人気のある恩納村でのダイビングが一体全体どういった見え方をするのかを知りたいと思っている方、参考になると思います。
サンゴで有名なインド洋に潜る。インドの西に位置するモルディブはまるでリングに見える鮮やかな環礁が距離を測ると800キロも続いており、古くから「真珠の首飾」と言われてきた。
自生した目当てを見極めながら進んでいくナチュラル・ナビゲーションや「スクーバセクスタント(六分儀)」を事由に使うテクニックを含めて学んでいただきます。
ダイビングの熟練者とは「ダイビングの頻度が結構ある」「ダイビングが上級クラス」と見られているぐらいではなることはでいません。
沖縄では夏だけに特に海に潜る人が多いために、その時だけ従業員(夏場だけのスタッフ)が見られないのはとても特異なダイバーショップだと言えると思います。
たまたまダイビング中にトラブルが起こっても、即対処出来るようにする知識と問題を引き起こす前に防いでしまう能力を自分のものにしておくことが事故を未然に防いでしまうことになります。
那覇市から西へ約4里のチービシ環礁は神山島とクエフ島、ナガンヌ島の3島のことを指し、最も広大な島が渡嘉敷村のナガンヌ島です。完璧なコントラストが印象的な美麗な島です。
あまり聞きなれないかもしれませんが、MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)は、いろんなダイビングに関わる活動や条件で技能を磨いて、実績を経てきたことを表わす「アマチュアでは一番のランク」となります。
カヤックツアーの内容は、読んで字のごとくカヤックを利用して自分で水を掻くパドルを操作して、左右の岸辺に紅樹林とも呼ばれるマングローブの林が存在する川を上流まで旅する内容です。
沖縄の那覇市から西へ約4里のチービシ環礁はナガンヌ島と神山島、クエフ島の3島からできており、中でも一番広くて大きい島がナガンヌ島。素晴らしいコントラストを目の当たりにできる壮麗な島です。