ダイビングや観光などいろいろ

記事1

本島北部にあるやんばるの森では幼かった頃、長い夏休みに郷里で楽しんだ懐かしい気持ちが思い出されます。頭の先からずぶぬれになって全身泥んこになって冒険心に突き動かされていた遠い記憶。
沖縄県名護市の山原(やんばる)の森はハイキングに最適。携帯品はトレッキングシューズと探究心の二つ。たまには思いきり没頭してみてはいかがでしょうか?
沖縄の空と海の雄大さを実感できる評判のアクティビティーはパラセーリングだと言えるでしょう。恩納村や本島の北端にある瀬底島、中心部の那覇、西方の慶良間での華やかなパラセーリングを低価格で挑戦してみてください。
沖縄本島に残る無垢の自然を訪れるアウトドアの旅へようこそ。シーカヤックで誰もいない島を目指したり、謎めくジャングルの滝で思い切って滝壺に飛び込んだりと雄大な自然を体験できます。
ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風を受けて海を移動するスポーツである。サーフボードを大きめにしてヨットに見られる帆を立てた物と説明すればイメージが沸くだろうか。
青く美しい海、サラサラの砂浜で開放感あふれるマリンスポーツに挑戦!スプラッシュして激しく駆けまわるジェットスキー、スカイブルーに染まるパラセーリング、ドキドキ感がたまらないバナナボート、あなたはどれにしますか?
ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風を利用して海上を動いていく人気のスポーツである。サーフボードを大きめにしてヨットに見られるセイルを装備した物と表現すればイメージを描きやすいだろうか。
ダイバーに人気の沖縄には楽しいビーチがあり、その日の天気予報などを参考に一番適した地域に行きます。大型船では到達できないポジションに行くボートプランに人気が集中しています。
那覇の近港から朝方出掛けて、ダイビングボートに乗って慶良間地域のポイントまで行き、数回のダイビングを楽しみ、日没までには宿に戻るケースが多い。
初歩的ダイビングなら、身軽に海の中をのんびりと進むことが体験することができると思います。身軽にできるだけに、水中に入る地域や潜水深度や潜水時間に規則が設けられていますが、先ず1回やってみましょう。
沖縄の琉球村とは古い住宅を移してきて公開している他にも、藍という植物を使った染め物体験や楽器の三線・エイサー教室、沖縄のおばあさんとの雑談などを見てやってみることができる施設です。
空から海を眺められる本格的なパラセーリングや、気持ちの良いウォータースポーツで遊べるツアー。予定時間も60分〜120分ぐらいなので気軽に活動できます。
この美ら風という施設は、粘土玉から形作る勇ましい「シーサー」、800種類以上常備されている色々なガラス細工を使って飾り上げる可愛らしい「キャンドル」や「オルゴール」など、世界に一つしかない作品作りが特徴的な一押しの体験工房です。
ダイバーの憧れの的海の生物、「マンタ」と泳ぎたい!といえば沖縄の石垣島。マンタスポットの川平で遊泳する現場ダイバー向けのサービスは数多くあります。
インド洋の抜群のサンゴを見るために是非潜ってみて!印度洋に浮かぶモルディブはまるでリングに見える何とも言われぬ環礁が南北の距離で800キロも連続しており、かなり昔より「真珠の首飾」と称えられてきたのです。